極楽寺ロゴ
  • 若松駅から徒歩1分。アクセス至便です。
  • 継承者がいない場合でも安心な「永代管理」の取り扱いもしております。
  • 室内墓地に比べて、管理が楽です。

3つの特長

特長 1

大きなひさし

入口のひさしを大きく取ってます。車を横付けできますので、雨の日でも濡れずにお参りできます。

特長 2

カードキー完備

カードキーで施錠・解錠できますので、いつでもお参りできます。

特長 3

バランスの良い価格

他所と比べてバランスの良い価格帯です。

納骨壇のご紹介

年間維持費  4,000円

護持年会費(門徒会費)  7,000円以上

よくあるご質問

極楽寺納骨壇を契約したいのですが、契約できる条件はありますか?
条件はひとつです。極楽寺納骨壇を契約出来るのは、契約者が、極楽寺「門徒」である場合のみです。つまり、まだ門徒になっておられない方は、極楽寺の「門徒」になる必要があります。「門徒」になるからといって、特別難しいことはありません。単に、「護持年会費(門徒会費)」を、門徒名義ひと名義につき年間7,000円以上収めて貰えればいいだけです。当然ながら、行事や手伝いに参加を強制することはありません。もちろん、お寺の行事や運営にご協力頂ければ、こんなに嬉しいことはありません。
極楽寺納骨堂にはどのような納骨壇タイプがあるのですか?
プライベート納骨壇(家族向け個別納骨壇)と永代納骨壇ヒカルの2つのタイプがあります。前者は家族ごとにひとつひとつ区画が設けられ、プライベート感が強く、ラグジュアリーな仕様になっております。前者は基本的に代々継承を前提とする納骨壇で、継承者がおられない場合は、タイミングを見て合同墓への永代合祀費を納めて頂く必要があります。後者は個別区画として仕切りは設けておりますが、前者ほどプライベート感は強くありません。ただし、こちらは契約御懇志はそこまで高くないわりにデザインもモダンで、現代的な感性を持つ方にはハマる納骨壇でしょう。
プライベート納骨壇と永代納骨壇ヒカルの年会費を教えてください。
前者の場合、護持年会費(門徒会費)年額7000円に加えて納骨堂維持費年額4000円を頂戴します。後者の場合、護持年会費(門徒会費)年額7000円のみです。
極楽寺納骨堂にプライベート納骨壇(家族向け個別納骨壇)を持っているのですが、子供がいないので、継承者がいません。どうしたらいいでしょうか。

そういった方には、事前に「永代管理懇志」(遺骨の永代管理のための御布施)をお納め頂きますようお願いしております。継承者が途切れても、納骨されている遺骨が行き場を失わないように、極楽寺合同墓にて永代に渡って管理されるように、遺骨一体につき10万円を「永代管理懇志」として頂戴しております。
「永代管理懇志」を納められたプライベート納骨壇(家族向け個別納骨壇)で、その継承者がいなくなった場合、遺骨はどのような取り扱いになりますか。

継承者がおられなくなった納骨壇は、「継承者不在」の納骨壇であるとみなし、遺骨を納骨壇から取り出して、専用の保管棚で保管します。保管棚で一定程度の年数を保管したのち、極楽寺合同墓へ遺骨を合祀し、合同墓の地下にて永代管理いたします。
「永代管理」と「永代供養」は違うのですか?
明確に違います。前者は遺骨についての話で、後者は供養(読経による仏徳讃嘆)の話です。「永代供養」を申し込まれる方も数多くいらっしゃいます。ご興味のある方は、個別にご相談下さい。専用パンフレットで説明いたします。
極楽寺門徒になって葬儀法事儀礼全般お任せしたいのですが、そのための費用は発生するのでしょうか?
極楽寺では、ご門徒様には「護持年会費(門徒会費)」を毎年度7000円以上ご負担頂いております。寺院経営には、火災保険料、電気ガスなどの各種コスト、継続的な設備改修費など、多岐に渡る費用がかかってまいりますので、ご門徒様方に毎年度少しづつご負担頂いて円滑な寺院経営を目指しております。
納骨壇を契約して、お墓から納骨堂にお骨を全て移したいのですが、墓じまいにはどれくらい費用がかかりますか?
業者にもよりますが、だいたい30-40万くらいと考えておいた方が良いでしょう。
墓じまいをする際の手順を教えて頂いたり、業者を紹介して貰えたりしますか?
もちろん出来ることはご協力致します。うちの納骨堂契約云々は関係なくても、僧侶として出来ることはご協力させて頂きます。