浄土真宗本願寺派[転法輪山]極楽寺 |

親鸞聖人の生涯

イメージ
  • HOME
  • >
  • 浄土真宗について:親鸞聖人の生涯

親鸞聖人の生涯

聖人は、承安3年(1173)藤原氏の一族・日野有範の子としてご誕生。9歳のとき慈円和尚を戒師として出家され、範宴と号して比叡山にのぼられる。山上では、天台の念仏を修する常行堂の堂僧だったが、20年の間、ひたすら救われるべき道を求め、修学にも力をいたされた。しかし、当時の叡山は、社会的政治的権力と結託し、民族宗教と妥協して世俗化、開祖・伝教大師の精神を見失っていた。そこで、聖人は、ついに山を下り、京都の六角堂に百日の参籠を企て、聖徳太子(六角堂の本尊・救世観音の化身)の夢告を得て、そのころ東山の吉水で念仏の教えを説かれていた法然上人のもとに入門し、その信仰にお入りになった。ときに聖人29歳。

聖人は、法然上人の弟子となってさらに聞法と研学に励まれた。そのころ、法然上人の開かれた浄土教に対して、旧仏教教団から激しい非難が出され、ついに承元元年(1207)専修念仏が停止され、法然上人と有力門弟が罪科に処せられた。聖人も、その1人として越後(新潟県)に配流の身となられる。このときから、聖人は非僧非俗をもって任じ、愚禿釈親鸞と称されるようになった。

このころ、聖人は三善氏の息女・恵信尼さまと結婚される。恵信尼さまは、教養が高く、晩年に息女・覚信尼さまに宛てられた書状などが現存していて、聖人の重要な伝記史料となっているが、天災に苦しみながら念仏の信仰に生きた女性の記録としても稀有のものである。
聖人は、建暦元年(1211)に流罪が許された後、建保2年(1214)42歳の時、妻子を伴って関東に赴かれた。法然上人の教えが広まっていない地に、念仏を伝えるためである。こうして広漠とした地を行脚し、民衆に念仏の道を説かれたので、聖人の徳化に浴した人は数多い。また、聖人は、この地で、その信ずる絶対他力の念仏の教えを明らかにした著作に着手された。すなわち『教行信証』(6巻)で、晩年まで添削の筆をおかず、ここに浄土真宗の教義が組織的に明示されるに至った。

その後、嘉禎元年(1235)63歳のころ、関東20年の伝道生活を切りあげ、妻子とともにご帰京になる。そして、主として筆硯に親しみ、多くの著述をされ、門弟たちに説示し、また後の世に残されたのである。 聖人のご往生は、弘長2年(1263)11月28日で、90歳であった。

大峯あきら先生句碑

宗祖 親鸞聖人